50代の女性の顔の画像

乾燥でお悩みの女性へおすすめの保湿化粧品
を人気ランキングでご紹介します。

体験者のクチコミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋、販売数、などの結果からランキングしています。

近ごろ、肌が乾燥して、カサついて化粧のノリもイマイチです!シワやシミができそうで心配です。保湿ケアが必要ですよね?!では、どんな保湿化粧品を使えばいいのですか?!

最近、このような悩みを抱えている方が増えています。…そこで、安全で乾燥の改善に効果が実感できる保湿化粧品を調べてみました!

最近、肌の保湿…乾燥に悩むヒトが増えているといいます。

悩み相談のヤフーの知恵袋にも、以下の様な悩みが投稿されていました。

………

私は凄く乾燥肌で最近鼻や目下付近の頬が凄く痒いです。
もともと肌は洗顔フォームさえ使った事がなくても綺麗だったのですが、最近は乾燥部分が痒いうえに吹き出物がではじめたのでケアをするようにしました。

特に顔の目下付近の頬のかゆみが止まらず、赤くなり、さらに乾燥してる部分にニキビ?が3つもできはじめてどう対応していいかわからないです…。

………

この方のように,乾燥した肌は、色々なトラブルを引き起こします。

その主なものをあげてみると…

ひび割れ、シワ、シミ、敏感肌、くすみ、ニキビ…などのトラブルが起こりやすくなります。

また、見た目には、カサカサ、粉が吹く、肌が厚くなる…などの症状がでてきます。

では、何故、肌は乾燥するのでしょうか

もともと、健康な肌には、角質層というところに約30%の水分が含まれています。

ヒトの肌には、水分を守る保湿成分というものがあり、それがきちんと働いているからです。

ところが、この保湿成分が減ってしまって、保湿システムが上手く働かずに水分不足におちいり、角質層の水分が30%以下になったのが「乾燥肌」です。

保湿成分は、年齢とともにその生産量は減ってきますので、角質層の水分も同時に減り、歳を重ねるに従って、肌は乾燥しやすくなるのです。

すると角質細胞のすき間が大きくなって水分が蒸発しやすくなったり、角質細胞がぐらついて一部が剥がれ落ちたりします。

このため外部の刺激を受けやすくなったり、肌の表面に粉がふいたようになります。

こうなると、肌を守るために急いで角質層が作られます。

通常、角質層はターンオーバーとともに作られ約1ヶ月かかリ、保湿成分もこの時に作られます。

でも、肌が乾燥しているので、あわてて角質層を作るため、未熟な角質層が作られ、保湿成分も充分に作られません。

未熟な角質層は水分保持能力が低いため、厚く硬いものになり、肌は乾燥して分厚くシワが多くなります。

そして、乾燥をカバーするためにまた未熟くな角質層が作られてゆく…

このようにして、肌の悪循環がすすんでいきます。

肌はどうしてうるおいを保つのでしょうか?

皮膚は一般的に、表皮、真皮、皮下組織からできています。

そして表皮には肌にとって一番大切な角質層があります。

角質層はとても薄いと言われていますがこの角質層を保湿などによってしっかりケアすることで美肌の条件が決まってしまいます。

つまり角質層のケアが美肌になるメカニズムにかかわってきます。

角質層の役目は一般的に、バリア機能と保湿機能と言われています。

バリア機能はほこりや化学物質、細菌など外部の刺激が肌に侵入してくるのを防ぐ役割があります。


また、保湿機能は肌の乾燥を防ぐ役割があります。

つまり角質層のバリア機能と保湿機能のバランスが十分であると、健康で綺麗な肌が保てるという仕組みになっています。

美しい肌の条件は弱酸性で、水分と脂質のバランスが理想的な比率で整っていることにあります。

通常皮膚には20%から30%の水分が含まれていると言われています。

これが20%を下回ると、乾燥しトラブルが起きやすくなります。

しかし、角質層に充分な水分が整っていれば保湿力も高まります。

肌の保湿は美肌づくりに必要不可欠です…そのメカニズムは?

肌の保湿をしてうるおいがアップすると角質のバリア機能がアップします。

角質のバリア機能がアップすると肌に水分や油分などのうるおいをキープさせておく力が強くなります。

そのことによりターンオーバーが促されて肌細胞の再生スピードを速めることができます。

再生スピードが速まることで、乾燥やしわやシミやたるみやくすみやニキビや毛穴の開きやごわつきやざらつきなどのトラブルが起こりにくいハリとうるおいに満ちた健やかで美しい肌に導くことができるというメカニズムです。


皮膚のメカニズムで大切なことは角質層のバリア機能と保湿機能を維持することですので、十分に水分と油分を補給し、自分にあった化粧品で継続的に使用していくことがおすすめとなります。

保湿の低下によっておきる肌トラブルについて…

肌にとって良くないのが保湿低下です。

十分に保湿がされていない状態というのは乾燥が進んでいる状態でもあるのですが、乾燥が強くなっているということは肌のバリア機能も低下しています。


本来の肌は皮脂によって肌が保護されているところ、水分不足になるとそのバランスも崩れてしまいますので外的な刺激に弱い肌になってしまうのです。

また、肌内部からの劣化も促進されますから内外から衰えやすい状態になってしまいます。

そして保湿低下している状態ですと様々な肌トラブルが起こりやすくなり、大人にきびや肌荒れ、シワ、シミ、そばかす、くすみ、たるみなど、あらゆるトラブルや劣化を招きます。


しかしながら十分な保湿をすればそういったトラブルも防止することが可能です。

日ごろから保湿を意識したスキンケアをすることで肌の水分量はアップさせることができますし、実年齢よりも若い状態を維持することもできます。

保湿低下している際にきちんと対策をするかどうかで将来の肌状態は大きく左右されますから、今の内から保湿を意識したスキンケアを心がけるようにした方が良いでしょう。

肌の保湿に必要なスキンケアの基本

透明感のある綺麗な肌を維持するためには、基本的なスキンケアをきちんと行えているかで肌のコンディションに大きく左右されます。

ですので、保湿のメカニズムをきちんと理解して、丁寧なスキンケアを心がけることが重要になります。

また、人によって肌質が大きく異ることから、まずは自分の皮膚の状態などをしっかり把握しておくことがとても大切になってきます。

特に若い頃よりも皮膚が乾燥しやすくなってきたと感じる方は、昔に比べて皮膚内部のコラーゲンやプラセンタなどの潤い成分が不足してしまっている証拠といえますので、使用しているスキンケア用品を見直して、今の肌質に合ったスキンケア用品に切り替えていくことが必要となります。

美容成分セラミド

効果的に角質層の水分を守るためには、セラミド配合の美容液かクリームがおすすめとなります。

特に乾燥しやすい人にはセラミドは角質層の水分の80%を守るとても大切な保湿成分でもありますので、しっかりと潤すことができます。

保湿を重点的にしたい場合は、化粧水も大切ですが、より効果的にするために乳液やクリーム、美容液を重視していきましょう。

乳液やクリームは油分補給をすることができますので、大切なケアになります。

また、体内の水分も必要ですので、水分は温かいものをこまめに摂取するようにしていきましょう。


保湿を上手く行うために、特に重要とされているのが細胞間脂質を補うことです。

美容成分としても有名なセラミドのことであり、セラミドは保湿との関連性が強くこの成分が不足すると保湿低下を招きます。

肌内部で水分を保持してくれるのがセラミドの役割でもありますので不足させないことが大切ですし、細胞間脂質にアプローチをしていくのが肌トラブルを予防するための有効な手段と言えるでしょう。


なおセラミドにはいくつかの種類があります。

例えば安い基礎化粧品によく配合されているのが合成セラミドと呼ばれるものですが、これは化学合成された擬似的な成分です。

肝心の効果としてはあまり高くありませんので乾燥対策としては力不足です。


基礎化粧品に含まれているのが理想的な成分としてはヒト型セラミドが挙げられます。

酵母を用いて作られたバイオセラミドであり、もともと人間の皮膚に存在するセラミドに近い化学構造という特徴があります。

肌への浸透性も良く保湿効果としても高いとされています。


他にも天然セラミドや植物性セラミドなどの種類もあるのですが、それぞれで効果が違っていますので特徴を知った上で選択をしていくことが大切です。

肌のターンオーバー

皮膚内部まで潤いを浸透させるためには、肌のターンオーバーがきちんと行われているかが大切な要素となります。

皮膚表面は古い細胞がどんどん剥がれていき、新しい細胞に切り替わっていきますが年齢を重ねるとこのターンオーバーの働きがゆっくりになってしまい、皮膚表面に古い角質が残ってしまいゴワつきのある状態になったり、くすみが目立つようになります。

正しいターンオーバーは28日から56日と言われており、周期のサイクルを乱さないことが必須となります。

加齢によりターンオーバーは長くなると言われていますが、短すぎてもバリア機能を低下させ乾燥などのトラブルに繋がっていきます。

また、顔の洗いすぎや紫外線などでターンオーバーが短くなってしまいますので、注意が必要となります。

角質層に十分に働いてもらうためには、ターンオーバーを正常にし、水分の補給と保湿の保持が大切になります。

洗顔、化粧水、美容液…

洗顔は、たっぷりの泡でやさしく洗い上げましょう。

ぬるめのお湯を使ってすすぎを徹底するのがポイントとなります。

洗顔後はピーリング剤やパックやふき取り化粧水を使用して角質ケアをするのが効果的です。

角質を健やかに保つことが保湿効果アップへの近道となります。

古い角質や毛穴の汚れや角栓や酸化した皮脂をしっかりとオフして一掃させましょう。


化粧水をつける前にはブースターを使用するのがおすすめです。

ブースターで角質を柔らかくすることで化粧水が浸透しやすいコンディションに整えることができます。うるおいが角質層の奥の方まで行き渡るようになります。

化粧水はしっかりとハンドプレスで二度づけしたりシートマスクやコットンを使用したりしてうるおいをチャージしましょう。

美容液をプラスして保湿効果を高めるのもおすすめです。

最後はクリームやジェルや乳液やオイルで蓋をしてスキンケア終了です。

肌の保湿のメカニズムをきちんと理解して丁寧なスキンケアを心がけ美肌づくりに努めていきましょう。

体の内側からのケア

保湿力を高めるためには体の内側からのケアも必要になります。

栄養バランスのとれた質の良い食事、成長ホルモンの分泌を促すための良質な睡眠、新陳代謝アップや血行促進のための適度な運動、規則正しい生活リズムなどを心がけて健康的な生活を送ることを意識しましょう。

保湿効果がある美容成分のコラーゲンやプラセンタやヒアルロン酸やセラミドなどをドリンク剤やサプリメントなどで摂取するという方法も効果的です。

こまめに水分を摂取して代謝をアップさせたりストレスや疲労を溜め込まないということも大切です。

保湿化粧品の特徴

一般に、乾燥肌に悩む女性はたいへん多いと言われています。

乾燥によって、お肌の老化を早めてしまうことがあるため、是非とも保湿化粧品を使って保湿に努めたいものです。


実にたくさんの化粧品が市販されている中で、保湿化粧品にはどのような特徴があるのでしょうか。

その一つは、低刺激の化粧品が多いということです。

基本的に、美肌作りに重点を置いている化粧品の場合、どうしてもいろいろな成分を配合してしまうため、敏感肌の方などは肌荒れを起こしてしまう可能性が高いと言われています。

それに比べて、保湿に重点を置いた化粧品の場合、いろいろな肌質の方々が安心して使えるよう、できるだけ刺激の少ない成分が用いられているのが特徴です。

また、余分な成分を含んでいないという点でも、安心して使えると言えるでしょう。


保湿化粧品に見られる別の特徴は、そこに含まれている保湿成分にあると言えるでしょう。

基本的に言って、保湿成分と呼ばれるものには非常に多くの種類があるものです。

それらの保湿成分を豊富に含んでいるのが保湿化粧品なのです。



例えば、優れた保湿成分の一つに、アロエベラ葉エキスと呼ばれるものがあります。

これはアロエベラから抽出されたエキスで、この植物に豊富に含まれているムコ多糖体のおかげで、優れた保湿効果が生み出されているのです。


また、保湿化粧品に含まれている別の成分は、ローヤルゼリーです。

ローヤルゼリーと言えば、働き蜂が分泌する非常に栄養価の高い成分と言うことができます。

この成分には、高い保湿効果があるため、お肌のハリや弾力、潤いなどを保つのに有効な成分であると言われています。


さらに、キトサンと呼ばれる成分も保湿化粧品によく含まれている成分の一つであると言えます。

不溶性の食物繊維であるキトサンを化粧品の成分として用いた場合、水分を保持する効果が高いことで知られています。また、キトサンには殺菌作用もあるため、ニキビなどの吹き出物のためにお肌が荒れて、滑らかさや柔らかさが失われているような場合に、保湿を与え、お肌を良い状態に保つ効果があると言われています。


これらの他にも、保湿化粧品に含まれていることの多い成分としては、植物性グリセリンがあります。

これは天然の植物油脂から作られた成分で、お肌を柔らかくし、潤いを保つ効果があります。


このように、一般に保湿化粧品と呼ばれているものには、幾つかの優れた特徴があるため、自分の肌質に合ったものを賢く選ぶことができるでしょう。

保湿化粧品を選ぶポイント

保湿は肌に重要な役割を担っていますので、保湿化粧品を選ぶ際にはポイントを押さえておくと後悔しない買い物ができます。

肌の仕組みは表面、角質層、真皮となっており、それぞれに保湿がなされていることで十分な肌機能が働いていますので、保湿化粧品は乾燥肌のかたにとっては大切なアイテムとなります。

また、化粧水の役割は皮膚を保湿し水分を補うだけでなく、次に使う乳液や美容液、クリームなどの浸透を高め、スムーズに肌に馴染ませることにありますので、とても大切なポイントとなります。

乾燥肌のかたは保湿の高い化粧水やセラミド、アミノ酸やヒアルロン酸の配合されている保湿化粧品を選ぶと、肌の奥までしっとりと潤い肌機能も整ってきます。

また、化粧品にもしっとりタイプとさっぱりタイプがありますが、乾燥肌のかたは通年を通しっとりタイプを選ぶといいとされています。

さっぱりタイプはオイリー肌のかたが使われることが多く、アルコールも入っていることが多いため気をつけましょう。

乾燥肌のかたはアルコール成分の入っていないものを選ぶことを意識しておきましょう。

また、保湿化粧品を選ぶポイントとしては、乾燥肌や敏感肌のために作られた化粧品を買うといいでしょう。

そういった化粧品は大抵表示がされていて、そういう肌のかたのために研究して作られたものですので商品も手に取りやすいですし、肌にも馴染みやすいと考えられます。

乾燥しやすい肌はしわの原因にもなりますので、保湿は顔の水分が足りなくなるところから補っていきましょう。

目や口の周りは皮膚が薄く乾燥しやすいので化粧水で重点的に保湿をしていくといいです。

また、化粧水だけでなく保湿成分の入った美容液は肌を柔らかく健康に保ちますので、購入するときは美容液も考慮してみましょう。

保湿化粧品はさまざまなものが販売されており、自分にあったものを見つけていくのは時間がかかりますが、なるべく自分の肌に合う商品を使うことで肌は健康になりますので、根気強く探していくことをおすすめします。

では、自分の肌に合った、効果的で安全な保湿化粧品を選ぶにはどうしたらいいのでしょうか?

自分の肌質を正確に知るには、専門的な検査が必要です。

皮膚角層の保湿性を評価する方法には、皮膚を直接、非侵襲的に測定あるいは観察する方法と、角層を採取しその中の物質を測定する方法とがあります。

保湿能と皮脂量は肌質の状態を知る方法の一つです。

皮脂量と保湿能で肌質を分類

1.皮脂量は普通から少なめで保湿能の大きな普通肌
2.皮脂量が少なく保湿能も数ない乾性肌
3.皮脂量が多く保湿能も高い脂性肌
4.皮脂量が多く保湿能が低い乾燥型脂性肌

(スキンケア大辞典より)

このようにして自分の肌質を知り、保湿化粧品の成分や効能などを調べ、自分に合いそうなものを選べば良いということになります。

実際に、そうしている方もおられます。

しかし、毎日なにかと忙しい方々にとって、これはなかなかハードルが高い…といえます。

そこで、そのような方の参考のために、当サイトでは、すでに使用された方々のデータなどをもとに、オススメの人気がある…つまり、よく使われて効果が実感されている保湿化粧品を調べてみました。

体験者のクチコミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋、販売数、…などをもとに、ランキングでご紹介しています。

保湿化粧品  おすすめ  人気ランキング

肌のキメ、美肌と正しい保湿ケア

美しいスキンコンディションは、皮膚のキメの細かさも大切なポイントです。

美しい整ったキメの美肌を目指すのであれば、保湿ケアを重点的に行うことが大切です。

皮膚が美しいのは保湿で満たされた角質層が存在をしているためであり、その状態を維持するのが美しいスキン状態にもなります。

普通に生活をしていると、あらゆる外的な刺激を受けて、皮膚からは水分が失われていきます。

水分と保湿成分が足りなくなると、次第に元気のない皮膚の状態になりますし、皮膚のトラブルが起きやすくなります。


水分量の少ない皮膚の状態は刺激にも弱くなりますので、外部からのあらゆる刺激に対して打ち勝つことができません。

次第にシワやくすみが生じやすくなりますし、たるみも出てきます。

ニキビ肌にもなりやすいですし、肌荒れを繰り返して起こしやすくなります。

水分と保湿成分のない皮膚はとても無防備な状態であり、それは皮膚の健康状態を良いものに高めていかなくてはいけません。

できるだけ早い段階にお手入れを変えたほうがいいのは、ケアが遅れてしまうと、皮膚は乱れるので、皮膚の老化も早くなってしまうためです。

洗顔時にはこするように洗う真似はしないで、石鹸の泡を上手に利用して汚れを落としましょう。

朝は洗顔料などは不要ですので、清潔なぬるま湯ですすぎ洗いをするといいです。

石鹸は泡立ててつかい、その泡に汚れを吸着をさせてから、すすぎ洗いをすることです。

髪の毛の生え際などに洗浄成分が残らないように、全体的に顔を洗うようにしましょう。

顔をふくときにも力を入れないで、ふわふわな柔らかい、清潔なタオルで水分を拭き取ります。

顔を洗ったあとは乾燥をしているので、すぐに保湿をメインにした化粧品でスキン状態を整えることです。

顔を洗ってそのままにしておくと、余計に皮膚の乾燥が激しくなります。

顔を洗ったら化粧品を使うのは面倒と思っても、直ぐにスキンケアを始めることです。

面倒なお手入れに感じるならば、オールインワンジェルなどでもいいので、とにかく洗顔後には肌への保湿スキンケアをすることを習慣にしましょう。

余裕があれば化粧水を全体に塗布して、しっとりするまで染み込ませるお手入れをします。

水分は皮膚のキメを整えるために重要なので、毎日化粧水を使うことです。

乳液や美容クリームも必須なのは、化粧水の水分を蒸発させないためです。

このステップを欠かさずに、毎日やっていくことで、肌のキメは整うようになります。

保湿ケアで注意する点はどんなことでしょうか??

保湿ケアでの注意点として、最も重要なのはオイルではなく、水分を肌へと満たすことということです。

素肌の乾きを感じた時に、オイルの成分を使うケアは悪くはないですが、順番的には、やはり水分を満たすことを重視する必要があります。

素肌の健康を維持するためにも、肌をいつまでも若い状態でキープするためにも、充分すぎるほどの水分量が角質層に満たされている必要があります。

保湿と申しますのは、化粧水などにより、多くの水分を肌に与えるお手入れでもあるのです。


保湿ケアでの注意点で、肌へのスキンケアをする時にこするような付け方や、たたくような化粧水のつけ方はしないようにしましょう。

せっかくの保湿ケアで化粧水をたくさんいれたとしても、皮膚を擦る行為は肌への乾きを促します。

たたくように化粧水を入れるのも、同様に肌には負担になりますので、肌を守る機能を低下させて、保湿効果が下がることになります。


化粧水をつけて肌を潤いでいっぱいにするのが大事なので、保湿は優しいお手入れを心がけることです。

化粧水は洗顔後にすぐに肌につけるようにして、手のひらで少し温めてから、顔全体に塗布します。

この時に少し手のひらで覆うようにして化粧水を温めるのは、この一手間で化粧水の浸透性が上がるためです。

コットンパフで塗布することもできますが、コットンも摩擦になりますので、手のひらで化粧水を付けるようにします。


手のひらを使ったスキンケアになりますので、手は清潔な状態にして保湿のお手入れに入るようにしましょう。

化粧水は1回だけのお手入れではなく、数回使うことを習慣とします。

肌には手のひらで水分量をチェックできるように、手のひらが吸い付くかを確認して、それが確認できるまで数回の化粧水での保湿を繰り返します。


化粧水をたっぷり使ったあとには、水分の後に美容成分を入れる必要があります。

美容液は小さくて高価なイメージですが、化粧水とは違い美容成分が容器にギュッと詰まっています。

化粧水の90%は普通に水ですが、美容液は内容がすべて美容成分です。

だから化粧水の後には、必ず美容液の出番です。

肌にも栄養が必要であり、美容液を使うことは毎日しましょう。


化粧水と美容液を付かたら、最後に仕上げにやっと使うのが、オイル成分のアイテムです。

美容液成分や化粧水の水分が、このオイルの成分で逃げていかないように守られます。

美容クリームなどを肌につけることで、保湿のスキンケアは完了となります。

#

■保湿化粧品ランキング@人気のオススメ…について…■

ご紹介していますランキングは、当サイトが体験者のクチコミ、レビュー、モニター調査、リピート率、売れ筋、販売数、などのデータに基づいて、…独自で調査した結果ですので、その旨、ご了承いただきますようお願い致します。

このサイトが、貴方の保湿化粧品選びの一助となれれば幸いです。


■関連サイト■

顔の保湿クリームランキング

保湿に良い化粧水のおすすめ人気ランキング



このページの先頭へ